水子供養は大阪の常光円満寺へ

大阪水子供養寺。温もりある水子供養で有名。水子供養料も金5000円からで安心。 厄除け・安産祈願・合宿も常光円満寺へ

サイトマップ
トップページ水子供養先祖供養厄除け祈願安産祈願宿泊・合宿施設アクセス

以下のメニューをクリックしてください

水子供養水子供養
優しさの感じられる水子供養のご案内です。水子は美しい天国へ召されるのですよ。
■来寺されての水子供養
■ご自宅からの水子供養
・水子についてQ&A
・水子供養に対する想い
・水子供養のお礼状

先祖供養先祖供養
ご先祖さまに感謝して、先祖の供養をいたしましょう

厄払い・厄除け祈願厄払い・厄除け祈願
厄年の方は厄除け祈願をして厄を払いましょう

安産祈願安産祈願
安らかなご出産を願って安産祈願をいたしましょう
水子供養とは別のお堂です

お宮参りお宮参り
お宮参りで、お子さまの心優しく、健やかな成長をお祈りいたします

納骨堂・納骨供養納骨堂・納骨供養
愛する家族のお遺骨は、真心込めて納骨させていただきます

円満寺霊園円満寺霊苑
吹田駅近の便利な境内墓地のご案内です

宿泊・合宿施設宿泊・合宿施設
クラブの合宿や、一般の宿泊・研修などにご利用いただけます

寺内案内寺内案内
常光円満寺の各種お堂などのご案内です

常光円満寺縁起常光円満寺縁起
西暦735年の古刹、常光円満寺の歴史です

年中行事行事・イベント
年間に行う行事のご案内です

周辺案内図周辺案内図
常光円満寺までのアクセス地図です

トップページメインページ
常光円満寺のトップページへ

ご法話
■自分の存在する意味
〜骨髄移植を経て〜

その他
■寺ヨガ(お寺でヨガ)
■お写経
■ご法事を希望の方
■北大阪お寺巡り
■吹田村の歴史散歩
■仏教の心得
■リンク集
■各種メディア報告
■お問合せ(メール)

平成29年5月
永代納骨堂が誕生
大阪の納骨堂サイトへ

大阪府吹田市元町28-13
常光円満寺
06-6381-0182(代)



常光円満寺フェイスブック

流産・中絶者の相談所
流産・死産・中絶経験者の相談所

水子供養の専門寺院
水子供養の地蔵院



【ご案内】
真言宗の僧侶募集




■常光円満寺の縁起説  〜常光円満寺の由来〜





常光円満寺 ■御本尊 聖観世音菩薩(観音さま)
■開 祖 行基菩薩

1250年以上の古い歴史のある常光円満寺

数万坪という広大な寺領荘園をもち足利将軍や名将吹田氏が自らの菩提寺として深く信仰されていました

しかし応仁の乱の兵火によって全焼。寺領荘園の全てを失ってしまうのです
(常光円満寺文書)

行基(ぎょうき)菩薩の布教道場

 天平7年(735)行基菩薩は民衆救済の為に、諸国を巡っていました。ある日夢の中で、「吹田に聖なる香木がある」というお告げを聞き、吹田へ来てみると、夢のお告げどおりに一本の香木が浜辺に打ち上げられていたのです。その頃の吹田は白砂青松(はくしゃせいしょう)の海岸だったのです。

 行基菩薩はその香木で聖観音菩薩像を彫刻し、その場所を聖地としてお堂を建て、香木の聖観音菩薩像をご本尊としてまつられました。布教道場となったこのお堂は浜辺に建てられたので、人々は「浜の堂」とよび、行基菩薩の話を聞くため「集まる者つねに千人を越す」(常光円満寺文書)と言われ、人々は智慧を授かる為に日夜光明(こうみょう)が絶えなかったので、いつか誰言う事なく、山号は「慧日山」となり、「常に光明を放つ寺=常光寺」とよばれるようになりました。

 その後、隣村の吉志部(現在の岸部)にあった圓満井流の猿楽(能楽)発祥の地である円満院を合併して、寺名を「常光円満寺」と改め、ますます近郷近在の信仰を集めたのです。


足利将軍と吹田氏の菩提寺として

 かつては七堂伽藍(がらん)が甍(いらか)をならべ、塔頭(たっちゅう)僧坊十三を数え数万坪という広大な寺領荘園を領有していた荘厳偉容は四隣を圧するほど…と伝えられています。応安二年(1369)足利三代将軍義満は、御本尊・聖観音菩薩に深く帰依され「石垣の修繕料をすべて寄進」(常光円満寺文書)し、祈願所として自らの武運長久を祈られたのです。以来、足利将軍の菩提寺として足利尊氏以下歴代の祖先の位牌をまつり、回向(えこう)をつとめられました。一方、名将吹田氏も「亡母の供養の為、多くの土地を寄進」(常光円満寺文書)され菩提寺として深く信仰されました。

 このように足利将軍や吹田氏が祈願や菩提所を求めているのは自己勢力結集目的以外に祖先の追善供養や乱世を乗り切るために安心立命の加護を常光円満寺に求められていたことがよくわかります。

 その後の常光円満寺は十年戦争であった応仁の乱(1467)で陣僧(僧侶の兵隊)をもって防戦につとめたが兵火によって全焼され寺領荘園のすべてを失ってしまうのです。しかし二百年後の寛文十一年(1671)教範和尚によって再建。さらに二十年余りの月日をかけ昭和五十六年には老朽化した本堂が建てかえられ、境内は整理され、面目を一新する事ができたのです。

 器にあらざる身のこの悲願の達成こそが、行基菩薩の意志が常光円満寺の全てに脈々として、1250年以上、生き続けているものと確信できるのです。



常光円満寺について


常光円満寺の宗旨

 常光円満寺は高野山の金剛峰寺を総本山とする高野山真言宗でございます。真言密教とも呼ばれます。

 真言密教は弘法大師:空海(お大師さま)を宗祖とする三国伝来(インド・中国・日本)のたいへん伝統ある宗派であります。

常光円満寺の歴史

 常光円満寺は西暦736年に行基菩薩さまによって開山され、1250年以上の歴史を持つお寺でございます。
 古文書によると当時は数万坪という広大な寺領荘園をもち、足利将軍の菩提寺としても深く信仰されていたそうでございました。ところが、応仁の乱の兵火によって全焼されてしまい、寺領荘園の全てを失う結果となるのでございます。ただ、ご本尊さまを無事に戦乱の炎から守ることが出来たのが救いでございました。常光円満寺復旧への兆しの種がここに残されたのです。

 行基菩薩さまの衆生済度(一人一人の幸せを願う)の御誓願のもと、復旧に立ち上がったのが覚鑁上人でございました。その後、300年かけて、常光円満寺というすばらしい寺名に恥じないよう日々、悩める方と共に苦しみ、共に哀しみ幸せへの道しるべを築いてまいりました。
その結果、戦乱で荒れ果て、廃墟と化した小さな小さなお寺が、少しずつですが活気を取り戻してまいるのでございます。


常光円満寺の使命

 常光円満寺は悩める人々の救済を祈るお寺でございます。その名のとおり、いつまでも光あふれる円満なご家庭であることを願うお寺でございます。
 愛する家族とのお別れは、とても耐えがたく悲しい出来事だと深く心得ており、それは常光円満寺の哀しみでもございます。
 その苦しみや哀しみから一筋の光を見出させるのは常光円満寺の使命でございます。



縁起


古文書





Copyright(C)2010 水子供養の常光円満寺 『当サイトの内容の無断転載、使用を禁止いたします』
水子供養水子供養  水子供養について 水子供養Q&A 来寺されての水子供養 ご自宅からの水子供養
先祖供養先祖供養 先祖供養 納骨堂・納骨供養 円満寺霊苑・墓地
各種祈願祈願 安産祈願 厄除け祈願 お宮参り 宿泊・合宿施設
円満寺案内常光円満寺案内 寺内案内 行事・イベント 案内図(アクセス) トップページ

水子供養と厄除け・安産のお寺